自分の年金を用意できるiDeCo(イデコ)!デメリットはあるの?

iDeCoは金融機関や情報誌で「じぶん年金」とも呼ばれる、「自分のために掛け金を拠出し・自分で運用し・自分が受け取る」という性質のある、企業型確定拠出年金の個人版、つまり、個人型確定拠出年金になります。iDeCoは個人型確定拠出年金の正式な愛称としてよく知られています。

 

■iDeCoのデメリットを考える前にメリットをおさらい!

 

iDeCoは月最低5千円を拠出し、それぞれの金融機関ごとに用意されている運用コースの中から自分の好きなコースで運用します。運用したお金は60歳まで下ろすことができません。年金のような定期金として受け取るだけでなく、一括のまとまったお金として受け取ることもできます。

運用できるコースの種類は金融機関によって違っていますが、日本株や定期預金、投資信託、保険商品などの基本的なコースがそろっています。どんどん運用したい人は日本株などの値動きがあるコースを活用すればいいですし、とにかく将来の資金を守りたいという人は定期預金などの値動きせずお金をがっちり守ることのできるコースを選択することができます。掛け金も5千円から1千円単位で増やすこともできますから、運用コースだけでなく自分に合った金額で「自分の将来資金を作ること」ができます。

iDeCoは国民年金などの公的年金と同じように、老後の資金として使うことができます。しかし、公的年金の保険料は「世代間の助け合い」という性質があるため、保険料が積立されて全て自分の老後のお金になるわけではありません。自分の納めた保険料は、世代を超えて誰かを助けるための資金になります。自分が国民年金を受け取る年代になると、今度は誰かの保険料が自分を助けてくれます。

このように、公的年金は世代間での助け合いという性質が強くなっています。しかしiDeCo(個人型確定拠出年金)は、世代間の助け合いではなく、掛け金はあくまで「自分のため」です。

また、iDeCoには税金上の優遇措置があります。運用益が非課税になるため、自分で投資信託や定期預金で運用するよりもお得になるというメリットや、掛け金が所得控除の対象になるというメリットがあります。年金として受け取る場合は公的年金等控除の対象になり、まとまったお金(一時金)として受け取る場合は退職所得控除の対象になります。

 

 

・まとめるとiDeCoのメリットは大きく3つ

 

大きくまとめると、iDeCoのデメリットは「将来的な資金を無理なく捻出できる」「自分のための年金である」「税制優遇がある」の3つです。

人によっては「60歳まで基本的に引き出すことができないこと」や「月5千円から1千円単位だから、計画を立てやすい」「運用商品が会社ごとに色々あるので、自分の好みにあった運用ができてお得」といった点もメリットになることでしょう。

iDeCoをより良く活用するためには、メリットをよく把握して活用することが重要になります。

 

・ではiDeCoのデメリットは?

 

メリットを把握してiDeCoを活用することがより良い老後資金計画に繋がるように、iDeCoのデメリットをよく理解して活用することも必要です。iDeCoには、活用の際に気をつけるべきデメリットはあるのでしょうか。デメリットがあるとしたら、どんなデメリットなのでしょうか。

iDeCoのデメリットも、大きく4つあります。
「自分で運用しなければいけない」「運用成果が反映される」「手数料がかかる」「60歳まで原則的に引き出すことができない」の4つです。

こつこつ貯蓄し金融に興味のある姉・A子と、新しいものが大好きで貯蓄は苦手な弟・B太の会話から、iDeCoの4つのデメリットとは具体的にどんなものかを探ってみましょう。ちなみにA子はB太にiDeCoを紹介され、iDeCoをはじめるべく各金融機関のチラシや申込書を取り寄せたところです。

先日はメリットについて話していたA子とB太は、iDeCoのデメリットについてどんな会話を見せてくれるのでしょうか。

 

■iDeCoにデメリットはあるの?デメリットに要注意

 

 

A子
「う~ん」
B太
「どうしたの、お姉ちゃん。色々な金融機関のイデコのチラシを見ながら唸っちゃって」
A子
「実はね、色々な金融機関からチラシを取り寄せてから疑問に思ったんだけど・・・イデコにデメリットはあるのかしら?」
B太
「申し込む前に冷静になったと?」
A子
「そう、そうなの!この間、あなたとイデコについて話していて、メリットばかりでイデコっていいじゃない、凄いじゃなって思ったのよ。でも、世の中のサービスはメリットがあればデメリットもあるでしょう。イデコにもメリットだけじゃなく、デメリットもあるんじゃないかと思って」
B太
「そういうトコロ、お姉ちゃんって本当に冷めているよね。いいなと思っても、良いところだけじゃなくて悪いところも知っておかないと、申し込みに二の足を踏むっていうトコロ。私はわりと勢いで申し込んじゃうからな~。実はイデコももう申し込んじゃったんだよね」
A子
「何時の間に・・・色々な金融機関からチラシを取り寄せるのは、あなたより私の方が早かったのに!」
B太
「お姉ちゃんは慎重すぎです!まあ、そういうトコロもお姉ちゃんの良いトコロなんだろうね。それで、イデコのデメリットだっけ?」
A子
「そう、イデコのデメリット。申し込む前に知っておいた方がいいデメリットはあるかな?」
B太
「もちろん、イデコにもデメリットがあるよ。サービスは美味しいトコロだけじゃないものね」
A子
「やっぱりデメリットもあるんだ。じゃあ、知っておいた方がいいデメリットについて、ちょっと解説してくれる?あなた、既にイデコをはじめたんでしょ?」
B太
「うん。じゃあ、お姉ちゃんのために、僕の『イデコのデメリット講座』を開講しちゃいます!」
A子
「わ~、パチパチ!」

 

デメリット1「自分で運用しなければならない」

 

B太
「イデコのデメリットその1は、『自分で運用しなければいけない』こと!」
A子
「・・・」
B太
「あれ?おーい、お姉ちゃん?どうして固まっちゃうの?」
A子
「いや、だってさ、イデコってそもそも自分で運用することが前提の制度じゃないの?それなのに、自分で運用しなければならないことがデメリットなの?ちょっと意味がわからない・・・」
B太
「え、え、だって、自分で運用するなんて面倒じゃん。誰かが勝手に、私に一番利益がある運用をしてくれたら最高でしょ?自分で運用するということは、自分で運用の情報を集めて、今までの運用情報をチェックして、運用のための手続きが必要なら手続きをするってことじゃない。最高に面倒でしょ?」
A子
「最高に面倒でしょって・・・そもそもイデコっていうのはそういう制度で、じぶんで年金を運用するという制度でもあるわけだから、自分で運用することをデメリットとして考えてしまったら、イデコ自体が無理という話じゃないの」
B太
「お姉ちゃんの言うことも一理あるんだけど、でも、今までほとんど投資をしたこともなく、運用について考えたこともない人にとって、イデコってけっこうハードルが高いよ?投資経験や金融知識をいっぱい持っている人ならいいかもしれないけど、普通預金や定期預金しか経験のない人にはけっこう大変だと思う」
A子
「ああ、なるほど。あなたみたいなタイプね」
B太
「そう、僕みたいな、お金はとりあえず預金に入れておこうというタイプ!」
A子
「確かに、世の中の全ての人が投資や資産運用に興味があるわけじゃないものね」
B太
「そうなの。興味がない上に運用自体に興味がないと、せっかくの『自分で好きなように運用できる』というメリットが、『自分で運用することなんて面倒だし、よくわからない』というデメリットになっちゃうのよ。安全志向だけでなく、面倒だという理由で、イデコでは定期預金で掛け金を運用して終了という人もいるわけ。投資に興味がなくて、運用なんて面倒だけという人にとっては、株や投資信託は魔法の呪文みたいな用語であふれた未知の存在だからね!」
A子
「なるほど。スターバックスに不慣れな人が飲み物を注文する時に『なんじゃこりゃ!?』ってなっちゃうのと同じ心理か~」
B太
「それは明らかに違うと思うよ、お姉ちゃん」

 

デメリット2「運用成果が反映される」

 

 

B太
「イデコのデメリットその2は、『運用成果が反映されてしまう』こと!」
A子
「イデコは自分で運用することになるんだものね。運用成果が反映されてしまうのも当然かな?」
B太
「当然!・・・と言いたいところだけど、当然で片付けちゃったらダメ。話が終わっちゃう」
A子
「あ、そうだったわね。デメリット講座を続けてちょうだい」
B太
「コホン!イデコは自分で運用商品(運用コース)を選んで、掛け金を運用する。これは、お姉ちゃんの言うトコロの基本であって、当然だよね?」
A子
「そうね」
B太
「運用できる金融サービスは、定期預金や株、投資信託などなど。金融機関にとって違った運用商品や運用コースを用意してあるから、その中から自分の考えや老後の資金設計に合ったものをセレクトする。でも、はっきり言って、これが大きなデメリットになってしまう」
A子
「定期預金はリターンが極めて少ないけれど、運用益が大幅に上下することはまずない。でも、株が含まれていたり、投資信託だったりすると、運用益が激しく上下することもあるわね」
B太
「投資信託なんかはかなり種類があるから、リスクが大きくてリターンが大きいものや、リスクはそこそこでリターンもそこそこなもの、リスクが低くてリターンも低いもの、という感じで色々ある。でも、値動きすることは確かでしょ。そうすると、イデコ自体の運用益に反映される」
A子
「運用益に反映されると、将来的にイデコで受け取る年金や一時金に影響が出てしまうわね。リターンがたくさん出てその分だけ受け取るお金が増えたら嬉しいけど、運用益が少なくてほとんど運用益のプラスがないということもあり得るでしょう」
B太
「あり得る、そして自分で運用しなければならないからこそ、イデコを活用する上でのデメリットになっているってわけ」
A子
「まあ、でも、イデコの場合、リターンは少なくていいからとにかくがっちりお金を守りたいという人は定期預金で運用するという方法もあるわけだから、デメリット回避の方法もしっかり用意されているとも考えられるわよね」
B太
「そうなの。確かに運用益が反映されてイデコで将来的に受け取るお金に影響を及ぼすというデメリットがあるわけだけど、株や投資信託だけで運用するような普通の投資とは違う」
A子
「お金を守りたいならそれに合った運用を選べばいいわけだし、がんがんリターンを出したいなら、それに合った運用をすればいいわけだし」
B太
「そういうこと!」

 

デメリット3「手数料が必要である」

 

 

B太
「イデコのデメリットその3は、『手数料が必要になること』だよ」
A子
「金融機関から取り寄せたチラシを見てびっくりしたけど、イデコって手数料がかかるのよね。公的年金みたいな感覚でいたから、手数料という文言を見て『えっ!?』って呟いちゃったわよ。びっくりしたわ」
B太
「あははは!お姉ちゃん『えっ!?』なんて言っちゃったんだ~。お姉ちゃん、何時も落ち着いているから、驚いたところを見たかったな」
A子
「いいから!3つ目のデメリットについて解説して!」
B太
「はいはい。・・・イデコをするためには手数料が必要になるの。この手数料がイデコを活用するための曲者になります」
A子
「曲者?」
B太
「そう。曲者。金融機関とイデコの契約を結ぶと、運用手数料や口座管理手数料などの各種手数料が必要になるの。この各種手数料の額は金融機関ごとに違っているんだよ」
A子
「200円の金融機関もあれば、600円以上の金融機関もある・・・と」
B太
「そう。運用手数料なんかは%で算出されるから『面倒だ』という理由であまり考えない人もいるみたいだけど、例え細かくても、手数料負担はなるべく把握しておく方がいいと思うんだよね。イデコは『じぶん年金』とも呼ばれる。リタイアメント後の資金源になるわけでしょう。手数料でたくさんのお金を取られてしまうのはよくないじゃない。手数料分だけ自分の将来の資金源が乏しくなるわけだから」
A子
「そうよね。%で手数料金額が算出されるものもあるなら、簡単に200円になる、だとか、500円になる、という話ではないかもしれないわね。でも、単純に計算しただけでも、200円と500円では年間の手数料負担がかなり違ってくるわね」
B太
「単純計算でも、月200円の手数料なら、年間で2,400円の手数料。月500円なら、年間で6,000円の手数料。簡単に比較しただけでも、3,600円の差額が出てしまう。これが10年、20年、30年と続くと、手数料だけでかなりの差額が出ると思わない?」
A子
「イデコの掛け金や運用益には税金の優遇措置があるわね。でも、せっかく運用益や掛け金に税金の優遇措置があっても、税金で優遇してもらった分だけ手数料で取られてしまっては意味がないわね。手数料をよく考えないと、税制優遇分や運用益分を手数料総額が超えてしまって、かえってマイナスになる可能性だってあるものね」
B太
「そうなの。だから、手数料はかなりの曲者!気をつけておかないといけない重要なデメリットなんだよ!」

 

デメリット4「原則的に60歳になるまでお金を引き出せない」

 

 

B太
「イデコのデメリットその4は、『原則的に60歳になるまでお金を引き出せない』ことだよ」
A子
「あなたみたいに『釣竿がほしい』『パチンコがしたい』と言って何かとお金を引き出してしまうタイプにとって、お金を下ろせないことはメリットじゃないの?」
B太
「それはそうなんだけど!確かにメリットとして考えることもできるんだけど!でも、『いざという時にお金を引き出せない』って、けっこう辛くない?」
A子
「う~ん?」
B太
「釣竿とかギャンブルはいいとして、生きて行く上でどうしても必要になる出費ってあるでしょう?例えば、入院した時の医療費とか。冠婚葬祭の時の出費とか。仕事に使う車の修理費用とか。子供の教育費とか」
A子
「確かに・・・。預金口座にお金を入れておくと、欲しい物があると、人によっては簡単にお金を引き出して使ってしまう。でも、いざという時にもすぐに引き出せるから、助かるというわけね?」
B太
「そう!冠婚葬祭や入院費は、『お金がありません』じゃあ済みません、っていう話じゃない。預金としてお金を積み立てておけば、急な出費に対応できるわけでしょう。でも、イデコとして積み立てをすると、急な出費にイデコの積み立て分で対処することができないわけ」
A子
「老後資金の形成という意味でも、60歳まで引き出せないことはメリットの1つ」
B太
「同時にデメリットでもある!だから、イデコの掛け金に貯金に回せるお金を全部回すのはリスクあり。掛け金と貯金、生活資金のバランスをしっかり!」
A子
「しっかり!収支と支出のバランスもしっかり!ねえ、B太?」
B太
「い、いきなり僕が今日買ってきたジーンズを見なくてもいいじゃない!僕はちゃんとバランスが取れてるからいいんだもん!服を買うことだって、生きる上で大切なんだから!」
A子
「へえ、ふ~ん。そういうことにしておこうかしらね」

 

■メリットとデメリットをよく考えて使いこなす!これが鉄則

 

イデコは上手く使うことで、リタイアメント資金計画に役立つ制度です。他にも税制優遇や自分自身で掛け金を運用できるといったメリットがあります。しかし、メリットがあればデメリットもあるもの。

イデコには「運用に興味のない人は自分で運用しなければいけないことが面倒である」「手数料がかかる」「運用成果が反映される」「必要な時にお金を引き出すことができない」などのデメリットがあります。つまり、イデコのデメリットの多くは、メリットが反転したものなのです。

より良いイデコの活用をするためにも、デメリットはきちんと把握しておきたいものです。イデコのデメリットとメリットを比較し、リタイアメント後にイデコを役立てるためには「どんなふうにイデコを使うか」をよく考えてみてくださいね。

お悩みごとは無料相談をどうぞ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

老後のお金と暮らし

老後に向けての「年金対策」「資産運用」。老後になったときの「実家の売却や運用」「有料老人ホームなどのご紹介」まで、「老後のお金と暮らし」をファイナンシャルプランナーが専門的な立場からサポートします。どんなことでもお気軽にご相談ください。