iDeCo(イデコ)をスタートしたい!じぶん年金の3つのメリットとは

iDeCo(イデコ)とは、個人型確定拠出年金のことです。

今まで、企業では拠出金を自由に運用することで退職金(まとまったお金)や年金資金にするということがよく行われていました。皆さんの中にも「会社の説明会を受けた」「運用指示を出したことがある」という方がいらっしゃるのではないでしょうか。「iDeCo(イデコ)」はそんな確定拠出年金の個人版のことです。自分で掛け金を拠出し、自分で運用し、自分の年金や退職資金として活用するのが「iDeCo(イデコ、個人型確定拠出年金)」です。金融機関などでは「じぶん年金」とも呼ばれます。

近年、たくさんの金融機関で「iDeCo(イデコ)の申し込みができるようになりまた。現在は70もの銀行や証券会社でiDeCoができるそうです。これだけの数の金融機関があると、どこの金融機関を選んだらいいかわからなくなってしまいますね。金融機関を選ぶ前に、そもそも「iDeCoどうしよう」「じぶん年金が良いと聞くけど、実際のところどうなのだろう」と、iDeCoという制度そのものに迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、今回はiDeCoの魅力を知っていただくべく、会話形式で制度のメリットについて解説します。

iDeCoへの加入は、魅力をじっくりと知ってからでも遅くありません!

 

 

■iDeCo(イデコ)のメリットは大きく3つ!

 

・まずはイデコの内容をおさらい

iDeCo(イデコ)は毎月5千円から掛け金を拠出することができます。掛け金は5千円が最低額となり、1千円単位で増やすことができます。

掛け金は自分の好きな金融機関で、自分の思うとおりに運用することができます。掛け金は運用により、将来的に自分自身の「まとまったお金(退職金)」や「年金」として受け取ることができます。年金といえば真っ先に公的年金の代表格である国民年金を連想しますが、イデコは「世代間ではなく将来の自分自身の年金」「自分のために自分で決めて行う年金」という性質があります。同じ年金でも、国民年金とはちょっとだけ性質が違っています。

iDeCo(イデコ)に関しては、難しいことを考えたら、途端に訳がわからなくなってしまいます。年金は深く追求すると非常に難しい分野だからです。だからこそ、iDeCo(イデコ)に興味があり、これから基礎知識を身につけて運用を開始したいという人は「金融機関でできる国主導の『自分がお金を出して・自分が運用し・自分が受け取る』年金。掛け金は月5千円からできる」「まさに自分による自分のためだけの年金」というところを押さえれば、スタート段階としてはOKです。あとは、特徴とも言える「iDeCoメリット」をピンポイントで把握しておきましょう。

魅力をおさえることにより、よりあなたに合ったiDeCo探しの第一歩になることでしょう。

 

■30歳になったこつこつA子とマイペースB太が「iDeco」のメリットについて話し合う

 

iDeCoには他にどんなメリットがあるのか、基本的な部分を中心に3つのポイントで見ていきましょう。

iDeCoには「老後資金を準備できるというメリット」「自分のお金がきっちり自分に返ってくるというメリット」「税制優遇があるというメリット」という3つのメリットがあります。この3つのメリットを中心に、iDeCo(じぶん年金)の制度的な側面も知ることが、iDeCoで自分自身の年金計画を立てるキモになります。

ここからは、よりリアルにiDeCoについて知っていただくために、A子とB太という二人の兄弟の会話で見ていきます。姉のA子は、こつこつ貯蓄することが得意なタイプです。貯蓄やお金に対して熱意も持っています。対して弟のB太は、貯蓄しようと頑張ってもすぐに使ってしまうタイプです。貯蓄そのものよりも、新サービスなどに興味津々なタイプです。お金への考え方がまったく違う2人は、iDeCoのメリットをどのようにとらえているのでしょうか。

兄弟の物語は、弟であるB太がiDeCoのチラシを銀行の窓口からもらってきたところからスターとします。ダイニングのドアを開けると、預金通帳を眺めながら唸る姉のA子が座っているのでした。

 

B太
「お姉ちゃん、どうしたの?」

 

⓪兄弟の貯蓄感!こつこつ預金も難しい時代

 

A子
「実はね、積立預金に手を出してみたの。だけど、なかなか貯まらないものね。奨学金の返済もしながら老後資金を貯めるなんて、やっぱり難しいのかしら。毎月こつこつだと、大きな額になる前に、お金を下ろしたくなる人の気持ちもわかるわ」
B太
「へー、積立預金?お姉ちゃん、今も地道に貯金なんてしていたんだ?」
A子
「あなたは昔から、お年玉も貯金もお給料も、あるだけ使うタイプだものね。預金しても、すぐに飽きるの。あと、銀行の口座も、可愛い通帳の絵柄を見つけると、すぐに解約して可愛い通帳のある銀行に口座を移すわよね」
B太
「僕は確かに飽きっぽいけど、別に浪費家っていうわけじゃないよ?毎月きちんと必要な支払いをしてれば、手元にほとんどお金が残らないだけだもの。僕だって将来のために貯金をしなきゃいけないな~とは何時も思っているよ?お金がついてこないだけで~す!月収が100万円くらいだったら、僕だって使わずに預金することだって余裕です!」
A子
「月収が100万円あれば預金すると言う人は、けっきょく100万円あっても使うんじゃないの?『預金』や『備え』への意識は、月収の問題だけじゃないんじゃない。あなたは必要な支払い意外にも色々買うじゃない。趣味とか、ギャンブルとか。・・・でも、B太の言いたいことも、まったくわからないわけではないわ」
B太
「でしょー?」
A子
「色々な運用法を試してみたけど、お金ってなかなか貯まらないものなのよね。ネットで『私はこれで老後資金3千万円を貯めました』なんて特集を見たけど、あんなに上手い話なんてあるはずないって思うわ。『こつこつ貯めて3千万円』なんて、元手があったからこそできたのでしょう。生活しながら奨学金を返済して、さらにこつこつ預金して老後資金なんて貯まるはずがないじゃない。老後は少なくとも3千万円必要だっていうから積立預金をしてみたのに、これじゃあ老後資金が貯まる前にお墓の下よ・・・」
B太
「そんなお姉ちゃんに朗報です。ね、このチラシを見て。『イデコ』っていう、『じぶん年金』なんだって」
A子
「ふんふん。自分で掛け金を拠出して、掛け金を運用してリタイア面と世代になったら年金または大きな額を受け取るという制度なのね」
B太
「お姉ちゃんの積立預金もいいけど、このイデコなんてどうかな?5千円からできるなんて、リーズナブルな老後の準備だと思わない?」
A子
「あなたって子は、本当に新しいものが好きよね。でも、拠出金をこつこつ運用するなら、積立預金とそんなに変わらないような気がするけど。確かに積立預金は積立金を運用するわけではないけど、毎月こつこつするところは同じよね?」
B太
「それがね、イデコには凄いメリットがあるのです!じゃ~ん!」

 

1,老後資金を無理なく準備できるというイデコの魅力

 

B太
「イデコは基本的に60歳になるまで掛け金を引き出せません!(http://www.dcnenkin.jp/faq/)」
A子
「60歳になるまで引き出せない?つまり、自分で決めた掛け金をこつこつと60歳まで拠出して運用することはできても、普通預金口座みたいに、好きな時に好きにお金を下ろすことはできないということ?」
B太
「これ、凄いメリットでしょ?お姉ちゃんの積立預金は必要になったら解約しちゃうじゃない。服を買う時とか、コスメを買う時とか」
A子
「それはあなたでしょう」
B太
「しかーし、イデコは60歳になるまでコスメや服を購入したくても基本的に引き出せません。強制的にこつこつさせられ続けるわけ。月々の掛け金を無理のない金額に設定すれば、無理なく老後資金の準備ができちゃいます」
A子
「それも、あなたにとって嬉しいメリットじゃないの?」
B太
「えへへ・・・。確かに僕みたいに、将来的な蓄えを作ろうとしても、貯まったら引き出して使ってしまうタイプには『60歳まで基本的に引き出すことができません』という鋼のお約束は有り難いよね。強制的に老後の資金準備ができるもの。でも、お姉ちゃんみたいにこつこつ貯めることができるタイプにだって、嬉しいことがあるんじゃないの?」
A子
「確かにね。こつこつ貯めることができるタイプにとって、毎月5千円から(https://www.ideco-koushiki.jp/guide/)老後費金の準備ができることは嬉しいわね。無理なく年金にプラスアルファできるもの」
B太
「ね、そうでしょ?やっぱり僕ってば、面白いものを見つけてくるでしょ?うふふふ」
A子
「はいはい」

 

2,イデコの掛け金は自分に返って来るという循環

A子
「でもねえ、B太。老後資金をイデコで無理なく準備できるとするじゃない。上手い話には裏があるのよ。無理なく準備するなら、私が契約している積立預金でもいいわけでしょ。それに、国民年金でもいいわけじゃない。どうしてイデコじゃなきゃいけないの?老後資金の捻出はイデコが美味しいという理由でもあるわけ?」
B太
「う~ん、美味しいかどうかは人それだけど、金融機関の人にちらっと聞いたら、『1番のポイントは本人にダイレクトに年金やまとまったお金として返ってくるところです』と言っていたよ」
A子
「掛け金がダイレクトに年金やまとまったお金として返ってくる?・・・どういう意味?」
B太
「お姉ちゃんは『世代間の助け合い』という話を聞いたことがある?」
A子
「駅の階段で困っているおばあさんの荷物を持つとか、バスの中で体調が悪そうにしていたおじいさんに席を譲る話?」
B太
「違うよ!いや、合っているんだけど、僕が言いたい話とはちょっと違う。僕が言いたいのはね、駅や電車での世代を越えた席の譲り合いをする話じゃないの。バリアフリーの話でもないからね。私が言いたいのは・・・年金のことなの」
A子
「年金?世代間の助け合い?」
B太
「うんとね、公的年金は『世代間の助け合い(http://www.iwami.gr.jp/secure/4894/9.pdf)』という性質があるんだって。よくテレビや新聞で『若い人が年取った人を支える』という話が出てくるでしょ。公的年金には、少なからず、若い人がお年寄りを支えるという性質があるの。でも、イデコ(個人型確定拠出年金)はちょっと違う」
A子
「掛け金を保険料だと考えれば似たようなものだと思うけど・・・」
B太
「ううん、違うの。イデコは自分で掛け金を拠出する。そして、掛け金を自分で運用する。最終的に運用した掛け金を受け取るのも自分でしょ。だからこそイデコは『世代間の助け合い』ではなくて、『自分が自分のためにする(自分自身の備え)』という性質が強いの」
A子
「なるほどね。掛け金を自分で拠出して、自分で運用する。運用した掛け金を自分で受け取る・・・イデコは基本的に『自分のためにする。自分の年金にする(どこまでも自分の将来の備えにする)』ことを考えて作られているわけね。対して公的年金は『公』や『助け合い』を考えた制度なわけだ」
B太
「そう!つまり、自分自身の老後の蓄えを『自分するため』に、イデコは強い味方になるってわけ」
A子
「へえ、確かに、ニュースや情報誌では『少子高齢化。少ない若者でお年寄りを支えることには限界を感じる』『今のお年寄りを支えることができても、将来の私たちはどうなるのか』『どうせなら、自分の支払った保険料を自分の年金にしてしまいたい』なんて投書が見受けられるものね」
B太
「世代間の助け合いは公的年金の性質の一つ。公的といっても、何でも叶うわけじゃない。国民年金は積立預金じゃないから、払った保険料を預金のように自分のために積み立てることは無理だよね。そう考えると、イデコは主に『自分の支払った保険料を自分の年金にしたい』という人にとっては、納得して使える年金かもしれないね」
A子
「なるほど。面白いものね。確かに、それは積立年金でこつこつとはできないメリットだわ。そもそも性質が違うもの。最初は『またB太が新しい商品に手を出そうとしているよ』『この子ったら懲りないわね』と思っていたのに・・・。私もけっこうイデコに興味が湧いてきたかも」
B太
「ふふん、やっぱり僕の新商品センサーはけっこう凄いのよ!」
A子
「確かにいいものを見つけてくるけど、あなたの場合は新しい物を見つけたら必ず手を出して、その結果、思い切り散財するのが問題なのよ、B太・・・」

 

3,イデコの運用益には税制優遇あり!控除の対象にも

 

 

B太
「さらにイデコには美味しいメリットがある!・・・と言いたいんだけど、実は金融機関の人に説明してもらってもよくわからなかった、ごめん。だから『他にもイデコには魅力があるけど忘れました 完』ということで!」
A子
「こらこら、ここで完結しちゃ駄目でしょ。ちょっとチラシを見せてくれる?・・・ふむふむ、そういうことね」
B太
「お姉ちゃん、わかるの?」
A子
「ええ。伊達にこつこつと金融資産の運用をしているわけじゃないのよ」
B太
「さすが!」
A子
「イデコの3つ目のメリットはね、運用益に対して税金が優遇されるところなの(https://www.ideco-koushiki.jp/guide/)」
B太
「運用、駅?・・・えーと、何線?」
A子
「駅じゃない駅じゃない。路線でもない。運用益というのは、金融サービスで得た利益のことよ。定期預金の利息なんかは代表的なものかしら。基本的に日本は、利息などの運用益には約20パーセントの税金が課税されるの。100円の運用益があれば、そのうちの20円が税金で引かれる。運用益が満額利益になるわけではないの。でも、イデコで運用した場合は、運用益が非課税になるの」
B太
「・・・つまり?」
A子
「100円運用益が出たら100円丸ごとゲット。とっても美味しい」
B太
「おお、お得じゃん!」
A子
「そう、お得なのよ。自分で預金などの資産運用方法を考えて運用や投資をすると、基本的に運用益が課税対象になるの。でも、イデコで運用すると税制優遇で非課税。同じ金額を同じ期間運用するなら、iDecoで運用する方が税金面でお得になっちゃうのよ」
B太
「ほほう、それは太っ腹」
A子
「しかも、掛け金も所得控除の対象になる。さらに、年金やまとまったお金として受け取る時は、受け取り方によってさらに公的年金等控除や退職所得控除の対象になるというおまけつき。うん、これはとても美味しいわ。イデコは美味しい制度よ、B太!」
B太
「お、お姉ちゃんが燃えている・・・!」
A子
「当たり前よ!せっかくこつこつ貯めたお金に利息がついたと思ったら、税金でがっつり持って行かれるのよ?通帳をチェックした時どれだけ悲しかったか!」
B太
(僕はあまり貯金していないから、利息とかよくわからないなあ)
A子
「こうしちゃいられない。各金融機関のイデコのパンフレットを取り寄せて、どこの金融機関でスタートするか考えなきゃ!今日は耳寄り情報ありがとう、B太!」

 

慌ててリビングを出て行く姉・A子の背を見送りながら、B太は思った。これは、数日も経たないうちに姉はイデコマスターになってしまうに違いない、と。

 

■まとめ

iDeCo(イデコ)は個人型確定拠出年金です。自分で掛け金を拠出し、自分で運用し、自分で受け取ります。まさに「じぶん年金」です。

iDeCoには「手軽に老後の備えができる」「自分のための年金であるという性質が強い」「税制優遇がある」という大きな3つのメリットがあります。老後の生活を考える上でも、老後資金のサポート約としても、そして老後資金の柱としても、活用次第で資金計画に幅が生まれる存在がイデコです。

iDeCoは各金融機関で扱っています。iDeCoの基本とメリットを頭の片隅に置いて、まずは気になる金融機関の資料を請求するところからはじめてみましょう。

お悩みごとは無料相談をどうぞ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

老後のお金と暮らし

老後に向けての「年金対策」「資産運用」。老後になったときの「実家の売却や運用」「有料老人ホームなどのご紹介」まで、「老後のお金と暮らし」をファイナンシャルプランナーが専門的な立場からサポートします。どんなことでもお気軽にご相談ください。