どうしても自宅で最期を迎えたいと考える方におすすめのポイント

近年自宅で最期を迎える方は徐々に増えてきていますが、まだ大半の方が病院や施設で最期を迎えます。自宅は住み慣れた場所であり、家族に見守られながら自宅で最期を迎えたいという思いの方もいます。

自宅で最期を迎えたいと考える方、最期を迎えさせたいと思う家族の方に、これだけは押さえていただきたいポイントについてご紹介します。

訪問診療をしてくれる医師が近くにいるか

医療機関で入院せずに、自宅で終末期を迎えるためには医師は必ず必要です。それもすぐにかけつけてくれる自宅近くの医師が望ましいです。

田舎や過疎地では医師自体が近くにいない場合があります。そのような場合は事前に医師と相談し、必要な処置等を家族や、本人に関わる機関の人が施す場合もあるでしょう。緊急時の対応をしっかりと習得しておく必要もありますし、かなりの覚悟がいります。

又、今の主治医は訪問診療をしてくれるのか確認しましょう。してくれないのであれば紹介してもらったり自分で探したりして、訪問診療をしてくれる医師を必ず見つけておくとスムーズにいきます。

協力してくれる家族がいるのか

終末期は、常時介護が必要な状態になるかも知れません。介護保険サービスを使っても良いですが、介護サービスだけでは埋めきれ無い空白の時間がどうしてもできてしまいます。自宅で最期を迎えるにあたり、協力してくれる家族がいるのか事前にしっかりと確認し、家族間でも話し合いをしておく事をお勧めします。息子や娘一人だけでは厳しいものがあるでしょう。一人だけで介護をするのは、体力的にも、精神的にもかなり大きな負担になります。四六時中介護の事で縛られてしまうと、息抜きをする時が無く、追い詰められる事になるでしょう。「住み慣れた場所で穏やかに最期を迎えたい」という本人の希望があったとしても、介護者の心が穏やかな状態で無ければ、その願いは叶える事が出来ないように思います。

介護をする家族が穏やかな気持ちで過ごす為には、複数の家族が協力的である事が必須条件であると思われます。サポートする人は多くて困る事はありません。出来る限り多い人数で協力して行いましょう。又、早い段階から、家族間では細かく役割を決めておく事をお勧めします。

例えば、○○曜日は長男、○○曜日の日中は長女というように、最初から出来る限り細かく決めておく方が後々もめ事も少なくなる事でしょう。

介護用品、手続きを済ましておく

終末期を自宅で過ごそうと思うと、最後は寝たきりになることが予想されます。寝たきりになる事を想定し、必要な物は早めに準備しきましょう。

必要な物はいくつかありますが、その中でもベッドは必ず必要になってきます。同じベッドでも、健康な人が使う普通のベッドよりも、介護用のベッドの使用をお勧めします。介護用のベッドであれば、オムツを交換する際に介護者の背丈に合わせ、高さが調節出来るので楽に介護が出来ますし、本人が自力で起き上がる事が出来なくなった際は、電動でベッドの上体部分を上げる事が出来ます。介護者にとっても、本人にとっても介護用のベッドの方が体への負担が少なくて済む事でしょう。

介護用のベッドは、介護保険を使えば一割負担、もしくは二割負担でレンタルする事が可能です。

おむつに関しても必ず必要になりますが、こちらも補助がありますので、自治体に申し込んでおきましょう。

その他、シーツ、寝間着、グローブ等必要になると思いますが、薬局で売っている物もありますし、脱ぎ着がし易い寝間着等は福祉用具でもありますので、ケアマネジャー等に相談し、アドバイスをもらいましょう。

自宅では生活ができなくなることもある

最期は絶対自宅で過ごしたいと本人が望んでいたとしても、本人の体の状態によっては難しい場合があることを心にとめておきましょう。

常時、痰の吸引が必要な状態であったり、人工呼吸器をつけている等の場合は、介護者が少し目を離した際に、命を落としてしまう場合がある事も十分に考えられます。

又、人工透析をしている方であれば、3日に1回程度の処置が必要かも知れませんが、寝たきりになった場合は病院に通うのが難しくなる事が予想されます。

このような状態の方は自宅で過ごす事は困難な事が多く、リスクが大きくなる為、かなりの覚悟が必要です。医療機関でしか対応できない場合もありますので、医師としっかりと話し合いましょう。

終末期を迎えるという事は、本人にとっても、家族にとっても強い恐怖や孤独感等がありますし、言葉では言い表す事の出来にくい感情が湧いてくる事だと思います。

精神的にも不安定になり易いですが、強い精神力を持ち、本人に関わる人全てが、お互いに支え合う事が大切です。自宅での慣れない介護だけでも大変かも知れませんが、本人が穏やかに最期を迎える事が出来るように、言葉のかけ方や、接し方等にも気を配る事が大切です。

お悩みごとは無料相談をどうぞ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

老後のお金と暮らし

老後に向けての「年金対策」「資産運用」。老後になったときの「実家の売却や運用」「有料老人ホームなどのご紹介」まで、「老後のお金と暮らし」をファイナンシャルプランナーが専門的な立場からサポートします。どんなことでもお気軽にご相談ください。