このサイトについて

伊東家が抱える『老後の年金・保険・介護』の悩みをわかりやすく解説します!

当サイトは、若い世代のみなさんが抱える「将来の年金対策」や「資産運用」
現在介護に直面しているみなさんが抱える「介護」
「相続」「医療」「実家の運用」
について困った時にお力になれる情報を提供させて頂くことを目的としたサイトです。

 

【年金対策】将来もらえる公的年金の額はご存知でしょうか?

預貯金をしていれば老後資金に困らなかった、伊東家の祖父・祖母世代

預貯金や個人年金で運用をしていれば老後資金に困らなかった、伊東家の父・母世代

預貯金や個人年金だけでは老後の生活が成り立たなくなる、伊東家のA子・B太世代

 

40歳代以下の若い世代は、老後資金の対策を若いうちから行っていくことが必要な時代へと突入いたしました。

 

「今後、公的年金は破綻するのか?」

 

若い世代の人に公的年金の話をすると「国の年金制度は破綻するから信じられない」というセリフが飛んできます。

先に結論を言ってしまえば、「公的年金制度は破綻しない」と思います。

公的年金制度が破綻すれば、生活保護受給者が増え、国は年金以上の財源が必要になるからです。仮に公的年金制度が破綻するとしたら、国家が破綻した時と言えるでしょう。

ただ、年金制度が破綻する可能性は非常に低いと思いますが、少子高齢化の中で、将来受け取れる年金受給額が減っていくのは目に見えています。

現在の若い世代の方に注目して頂きたいのは「年金破綻」ではなく「一人一人の老後破綻」です!

公的年金額が減っていく中で、将来の老後の生活が破たんする世帯は増えていきます。

 

現在、40歳代以下の世代の方に関しては、公的年金だけに頼る時代では無くなりました。

個人の対策が必要になっていく、自己防衛の時代に突入します。

これだけは、覚えておいてください「何もしない事が一番大きなリスクです!」

 

さて、将来の年金対策にはどのような運用方法があるのでしょうか?

 

◆定期預金(普通預金)

◆個人年金保険

◆不動産投資

◆小規模企業共済

◆個人型確定拠出年金(iDeCo)

◆経営セーフティ共済

 

当サイトは、年金対策の総合コンサルタントとして様々な運用方法の情報提供とご提案をファイナンシャルプランナーが行っております。

 

老後資金の対策は、早めに行っていくことがPOINTです。

皆さまの将来の老後と向き合うきっかけにして頂けますと幸いです。

 

【介護】みなさんは、今現在、誰かを介護しなければならない状態ですか?


「介護」はある日、突然、あなたの身に降りかかって来ます。

恐らく、ここに来られる多くの方は、「身内が入院して、治療は終わったのでと退院を促され、どうしよう…」と思われている方が多いかも知れませんね。

回復力が高い若い人であれば入院前と同じレベルまで回復することも多いでしょう。

でも、ご高齢の方となると、そう簡単には行かないケースが多々あります。

また、既にあなたがどなたかの介護をしている状況が長く続いていて、心身共に疲弊しきってここに来られた方もいらっしゃることでしょう。

お身内の方やお知り合いの方が、ある日突然、「要介護」状態になるなんて、想定外のことだったと思います。でも、現実問題としてお身内などが介護を要する状態になられたのであれば、出来る限りのことをしてあげなければいけませんよね。

今現在誰かを介護しているあなたを支える人も必要です。


そんな皆さんのお役に立てるような情報や、はじめてのことで分からないことが、ここで少しでも理解出来るようになり、不安でいっぱいの状態から安心感に繋がるようなお手伝いが出来ればと思っています。

お身内の方などに要介護の方が出来ると、様々な面で考えなければならないことも出てきます。

特に悩ましいのが、介護を受けるにしても、お金がかかるということです。それも、結構な金額が!

「長生きをする」ことへの経済的なリスクについては良く言われる機会が増え、理解されて準備をされている方も増えて来ましたが、人生の中で「要介護」になる想定を積極的にはしていませんでしたから、いざ、要介護です。介護費用が必要ですとなると、「そのお金、どこから捻出しよう…?」となる訳ですよね。

そんな時に、もし、その方のご自宅などの不動産が有効活用出来たら…。

また、医療的な面で分からないことなどに対しても少しでも疑問や不安が解消出来たら…。

そんな、介護に端を発する様々な不安や問題の解決に役立つ情報を発信して行きます。

是非、「介護」や「相続」にお役立てください!